男性と女性の体脂肪の平均値は?

燃焼!体脂肪を減らす方法

男性と女性の体脂肪の平均値は?

スポンサードリンク

.

男性と女性の体脂肪率の違い

体脂肪計

皆さんご存知のように、男性の体脂肪の平均値と女性の体脂肪の平均値は異なります。通常、男性の体脂肪の平均値は10〜19%、女性の体脂肪の平均値は20〜29%。この平均値が健康とされる体脂肪の目安になります。それ以上の体脂肪率だと肥満ということになります。男性でも女性でも体脂肪が平均値だからといって、健康だとは限りません。注意しなければならないのは、内臓脂肪です。内臓脂肪が高いと脳卒中や糖尿病、動脈硬化などの危険な病気になる可能性が高いからです。特に男性は内臓脂肪がつきやすいとされています。男性でお腹がぽっこり出ている人は体脂肪の平均値だけで安心せず、内臓脂肪、また筋肉量や基礎代謝なども測定できる体脂肪計などを利用して自分の体脂肪について知っておきましょう。


ページのトップへ ▲

女性の体脂肪はなぜ高い?

妊娠

男性と女性の体脂肪の平均値は開きがありますね。それは女性は妊娠・出産という関係上、体脂肪の平均値は高くなりますが、太っているというわけではありません。女性は男性に比べて皮下脂肪が多いので体脂肪の平均値は高くなります。女性の場合、体脂肪の平均値より高いが30%以上だと肥満とされ、体脂肪を減らした方がいいとされますが、逆に体脂肪が低すぎては、ホルモンのバランスが崩れ、生理不順や早発性閉経を招くこともあります。男性も体脂肪の平均値より高い20%以上だと肥満と言われますが、低すぎると筋力の低下や免疫機能に障害が出たり、かぜをひきやすくなります。


ページのトップへ ▲

体重と体脂肪の平均値

男性の場合でも女性の場合でも、見た目がやせていても体脂肪が平均値よりも高い人や、体重が重くても体脂肪は平均値よりぐっと少ない人もいますね。特に男性でも女性でもアスリートなどは体重は重いのに、体脂肪は平均値よりぐっと少ない一桁台という場合も少なくありません。それは筋肉は脂肪よりも約3倍の重さがあるからです。アスリートは体重は重くても、体脂肪は低いため肥満ではありません。特に女性は体重を気にしすぎる傾向にありますが、体重より体脂肪に注意することが大切です。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

| 体脂肪-ホーム | 体脂肪とは | 多いとどうなるの? | 引き起こす病気とは? | 少ないとどうなるの? | 男性と女性の平均値は? | 体重別、年齢別の平均値 | 燃焼と心拍数の関係 | どうやって減らすの? | 食事療法で減らす! | 薬物療法で改善! | 運動(筋トレ) | 燃焼させる運動の方法 | 簡単レシピ | 燃焼させるサプリメント | 体脂肪率と内臓脂肪率を知りたい! | あなたの体脂肪率は大丈夫? | 自宅で測定 | メタボリックシンドロームと体脂肪の関係は? | 朝と夜の測定値が異なるのはなぜ? | 治療の病院選び |

Copyright (C) 燃焼!体脂肪を減らす方法 All Rights Reserved.