体脂肪を燃焼させる運動の方法

燃焼!体脂肪を減らす方法

体脂肪を燃焼させる運動の方法

スポンサードリンク

.

体脂肪を燃焼させる運動の順番

マシン

スポーツクラブに通ってマシンを使って筋トレをしたり、有酸素運動をしているのに、やせない、体脂肪が減らない、という場合があります。その場合、運動や筋トレの方法が合っていないことが考えられます。先に有酸素運動をしてその後、筋トレをするという方法では体脂肪は燃焼しません。まずはストレッチを行い、その後筋トレをし、それから有酸素運動をする、といった順番が1番効率的に筋肉量が増え、結果、体脂肪を燃焼させる運動の方法になります。また、あまり有酸素運動をしすぎると、体の中のエネルギーを使いきり、蓄えている筋肉を分解し始めます。そうすると筋肉量が増えず、体脂肪が燃焼していきません。注意しましょう。


ページのトップへ ▲

大きい筋肉を鍛えて体脂肪を燃焼

腹筋

体脂肪を燃焼させる運動の方法としては、お腹、胸、背中、脚などの大きい筋肉を中心に運動する方が体脂肪を燃焼しやすいです。運動の方法は、胸の筋肉を鍛える方法ならベンチプレス、背中の筋肉を鍛える方法はラットプルダウン、脚とお尻を鍛えるならレッグプレス、もも裏の筋肉を鍛えるならレッグカール、そして腹筋といった方法があります。こういった運動を10回2〜3セットずつ行い、慣れてきたら15回3セット、と増やしていきましょう。重さや回数を増やしていかなければ筋肉量は増えず、体脂肪の燃焼につながりません。しかし無理な重さで運動していても、筋肉量は増えていきません。確実に正しいフォームで行うことが、体脂肪を燃焼することにつながります。


ページのトップへ ▲

正しい方法で運動しましょう

トレーナーに指導

重さやフォームが正しくないと、筋肉量は増えず、体脂肪の燃焼にもつながりません。正しいトレーニングフォームで、そして正しい方法で運動を行うためにも、分からないことはトレーナーに指導してもらいましょう。運動している時に、鍛えている筋肉を意識することも大切です。自分がどこの筋肉を使っているのかをきちんと認識しながら運動することで、体脂肪の燃焼は違ってきます。また、無理は禁物。筋肉痛の時にその部分を鍛えても傷めてしまうこともあります。痛い部位はやらないようにしましょう。体脂肪が燃焼しやすい体になるためには、継続することが大切です。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

| 体脂肪-ホーム | 体脂肪とは | 多いとどうなるの? | 引き起こす病気とは? | 少ないとどうなるの? | 男性と女性の平均値は? | 体重別、年齢別の平均値 | 燃焼と心拍数の関係 | どうやって減らすの? | 食事療法で減らす! | 薬物療法で改善! | 運動(筋トレ) | 燃焼させる運動の方法 | 簡単レシピ | 燃焼させるサプリメント | 体脂肪率と内臓脂肪率を知りたい! | あなたの体脂肪率は大丈夫? | 自宅で測定 | メタボリックシンドロームと体脂肪の関係は? | 朝と夜の測定値が異なるのはなぜ? | 治療の病院選び |

Copyright (C) 燃焼!体脂肪を減らす方法 All Rights Reserved.