メタボリックシンドロームと体脂肪の関係は?

燃焼!体脂肪を減らす方法

メタボリックシンドロームと体脂肪の関係は?

スポンサードリンク

.

メタボリックシンドロームとは?

メタボ

肥満症や高血圧症、高脂血症や糖尿病などの生活習慣病と言われる病気は、体脂肪が蓄積された肥満の状態と関係があることが分かっています。この体脂肪が蓄積された状態が原因で様々な病気が起こしやすくなった状態を、メタボリックシンドロームと呼んでいます。このように体脂肪とメタボリックシンドロームの関係はとても深く、メタボリックシンドロームにならないためには、体脂肪が蓄積されすぎる前に予防をしていくことが、とても大切になってきます。体脂肪が減れば、メタボリックシンドロームの危険も回避できるという関係にある2つ。まずは体脂肪を減らすことを考えましょう。


ページのトップへ ▲

内臓脂肪がメタボリックシンドロームに深く関係する

血圧

体脂肪の中でもメタボリックシンドロームに深く関係しているのが、内臓脂肪の蓄積です。内臓脂肪が蓄積する内臓脂肪型肥満は、隠れ肥満とも言われ見た目には分からない場合もあります。それを放置し、内蔵脂肪が蓄積され続けると、取り返しのつかない危険な病気を起こします。メタボリックシンドロームになる前に、自分の体の脂肪について知っておきましょう。メタボリックシンドロームだと診断される条件としては、まず、おへそ周りが男性で85cm以上、女性は90cm以上の場合、そしてメタボリックシンドロームの判定には中性脂肪値やコレステロール値が関係してきます。血圧の収縮期が最大130mmHg以上。または最小85mmHg以上、中性脂肪値が150mg/dl以上またはHDLコレステロール値が40mg/dl未満、空腹時血糖値が110mg/dl以上、このうち2つ以上当てはまるとメタボリックシンドロームと判定されます。


ページのトップへ ▲

生活習慣との深い関係

食生活

体脂肪が増える原因として、食生活や生活習慣が関係していると考えられます。動物性脂肪や糖類の摂取が多く、食物繊維の摂取が少ない食生活、パソコンなどの普及により、体を動かさない生活、交通手段の発達による運動不足などの生活習慣は体脂肪を増やし、高血糖や脂質異常、高血圧や肥満などの生活習慣病の原因となり、メタボリックシンドロームの状態を引き起こすのです。体脂肪とは深い関係にあるメタボリックシンドローム。生活習慣を見直し、体脂肪を改善することでメタボリックシンドロームにならない体をつくりましょう。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

| 体脂肪-ホーム | 体脂肪とは | 多いとどうなるの? | 引き起こす病気とは? | 少ないとどうなるの? | 男性と女性の平均値は? | 体重別、年齢別の平均値 | 燃焼と心拍数の関係 | どうやって減らすの? | 食事療法で減らす! | 薬物療法で改善! | 運動(筋トレ) | 燃焼させる運動の方法 | 簡単レシピ | 燃焼させるサプリメント | 体脂肪率と内臓脂肪率を知りたい! | あなたの体脂肪率は大丈夫? | 自宅で測定 | メタボリックシンドロームと体脂肪の関係は? | 朝と夜の測定値が異なるのはなぜ? | 治療の病院選び |

Copyright (C) 燃焼!体脂肪を減らす方法 All Rights Reserved.