薬物療法で体脂肪改善!

燃焼!体脂肪を減らす方法

薬物療法で体脂肪改善!

スポンサードリンク

.

食欲抑制薬で体脂肪改善

医師

自分の意志ではどうしてもダイエットができないなど、体脂肪改善が困難な場合、医師の管理のもと薬物療法で体脂肪改善を行うことがあります。体脂肪改善の薬物療法において使用される食欲抑制剤として、リダクティルという治療薬があります。抗うつ剤をベースに開発された食欲抑制剤で、脳内に作られたセロトニンが体に再び吸収されるのを遅らせることで食欲を減退させ、その結果、体脂肪改善をするという薬物療法です。脳の化学物質を操作することで、食欲を抑えるというダイエット薬品で、過食を防ぐ薬物療法。副作用としてはのどの渇きやめまい、眠気、頭痛、不眠などが報告されていますので、必ず医師の管理のもと服用するようにしましょう。


ページのトップへ ▲

日本で初めて認可された食欲抑制薬

薬物療法

肥満や体脂肪のメカニズムが解明されるとともに、人間の生理学的な性質を利用した薬物療法も研究が進んでいます。現在、体脂肪改善に役立つ薬物療法において使用されている薬には食欲抑制薬と脂肪消化吸収薬がありますが、日本で初めて認可された食欲抑制薬がマジンドールという薬です。基本的にはBMIが35を超える高度肥満の人の減量を補助するという薬物療法に使用されるものです。減量薬としてFDAで認可されている食欲抑制薬にはメリディアという薬があります。他に体脂肪改善のための薬物療法として使用されている薬には、ゼニカルという脂肪吸収抑制薬があります。


ページのトップへ ▲

漢方薬で体脂肪改善

漢方薬

現代において、薬物療法の研究は進められているものの、体脂肪改善の補助的な方法となっています。体脂肪改善には体質を改善する必要があります。その方法として漢方薬を利用した薬物療法も体脂肪改善の一つの方法です。例えば、防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)は脂肪組織を減少させるといわれている漢方薬。脂肪改善としては適した薬物療法になりますね。また大柴胡湯(だいさいことう)、防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)、五苓散(ごれいさん)、さらに、ストレスによる過食で体脂肪が増えてしまったという場合には、気を整える薬物療法として、柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)、大承気湯(だいじょうきとう)などが処方されます。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

| 体脂肪-ホーム | 体脂肪とは | 多いとどうなるの? | 引き起こす病気とは? | 少ないとどうなるの? | 男性と女性の平均値は? | 体重別、年齢別の平均値 | 燃焼と心拍数の関係 | どうやって減らすの? | 食事療法で減らす! | 薬物療法で改善! | 運動(筋トレ) | 燃焼させる運動の方法 | 簡単レシピ | 燃焼させるサプリメント | 体脂肪率と内臓脂肪率を知りたい! | あなたの体脂肪率は大丈夫? | 自宅で測定 | メタボリックシンドロームと体脂肪の関係は? | 朝と夜の測定値が異なるのはなぜ? | 治療の病院選び |

Copyright (C) 燃焼!体脂肪を減らす方法 All Rights Reserved.