食事療法で体脂肪を減らす!

燃焼!体脂肪を減らす方法

食事療法で体脂肪を減らす!

スポンサードリンク

.

食事療法のポイントをおさえる

食事

まず体脂肪を減らす食事療法として、現在の食事内容を見直すことから始めましょう。1日に食べている食事内容をカロリーと一緒に書いてみましょう。食事療法によって体脂肪を減らすには、食事によって摂取するエネルギーの量が、消費されるエネルギーを上回らないことが必要です。自分に必要な摂取カロリーを知り、どのくらい余分なカロリーを摂取しているのかを把握することが、食事療法で体脂肪を減らす方法の第一歩です。また、朝、昼、晩、のバランス、間食の量、間食をする時間なども食事療法をしていくうえで注意が必要。夜遅く食べてはカロリーは消費されず、体脂肪を減らすことはできません。寝る直前にお菓子を食べたりしないようにしましょう。


ページのトップへ ▲

甘いものや油っこいものは避けよう

電子レンジを活用

甘いものに含まれる糖質はすぐにエネルギーに変わりますが、余った分は中性脂肪として蓄積されていきます。また、油っこい食事はカロリーが高いので、体脂肪を増やしていきます。食事療法で必要なことは、甘いものや油っこいものを大量に摂取しないこと。しかし、急にノンオイル、砂糖抜き、などの食事療法では、美味しく食べられないこともあるでしょう。苦痛ばかりの食事療法では、体脂肪を上手に減らすことはできません。そこは調理に一工夫をしてみましょう。電子レンジを活用したり、油を吸収しにくい素材を使ったり、揚げずに焼いたりするだけでも、油をカットすることができます。調理を工夫して体脂肪を減らしていきましょう。


ページのトップへ ▲

アルコールを控えて体脂肪を減らす!

アルコール

夜の飲み会、ストレス解消などでアルコールを飲む機会は多いでしょう。しかし、アルコールは糖質を含み、高カロリー。生ビール1杯約154kcalです。さらにアルコールを摂取する時間が夜遅くなれば、カロリーは消費されません。体脂肪は増えていく一方です。体脂肪を減らす食事療法としてはアルコールを控えることも必要です。アルコールと一緒に食べるおつまみもカロリーオーバーになる要因に。もちろん、カロリーを気にして、おつまみを食べずにアルコールだけでは栄養が偏ってしまいます。体脂肪を減らすには、禁酒とは言いませんが、アルコールを減らすことも大切な食事療法の一つです。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

| 体脂肪-ホーム | 体脂肪とは | 多いとどうなるの? | 引き起こす病気とは? | 少ないとどうなるの? | 男性と女性の平均値は? | 体重別、年齢別の平均値 | 燃焼と心拍数の関係 | どうやって減らすの? | 食事療法で減らす! | 薬物療法で改善! | 運動(筋トレ) | 燃焼させる運動の方法 | 簡単レシピ | 燃焼させるサプリメント | 体脂肪率と内臓脂肪率を知りたい! | あなたの体脂肪率は大丈夫? | 自宅で測定 | メタボリックシンドロームと体脂肪の関係は? | 朝と夜の測定値が異なるのはなぜ? | 治療の病院選び |

Copyright (C) 燃焼!体脂肪を減らす方法 All Rights Reserved.