朝と夜の測定値が異なるのはなぜ?

燃焼!体脂肪を減らす方法

朝と夜の測定値が異なるのはなぜ?

スポンサードリンク

.

朝と夜の体内水分量の分布は異なる?

体内の水分

体脂肪計で朝の測定値と夜の測定値が異なることがあります。それは、体脂肪が朝と夜で変化しているのではなく、水分量と関係しています。体内の水分量は1日のうちに、飲み物や運動、入浴などによって変化しますが、その変化に伴い、体脂肪の測定値が異なるのです。通常、夜、就寝中は体内の水分は体幹部に移動し、朝起きて活動している時は、足に移動します。体脂肪計で測定した場合、朝は足の水分が日中より少ないので、電気を通す水分が測定部よりも遠くなるので、電気抵抗が高くなり、夜の測定値より高くなるのです。体脂肪計は生体インピーダンス法という、両手・両足から生体の電気抵抗を測定するので、体内の水分量や分布によって朝と夜の測定値が異なるのです。この測定値は生活習慣などによっても異なるので、個人差はあります。


ページのトップへ ▲

脂肪組織の特性を活かした測定法

機器

体脂肪計で利用されている生体インピーダンス法とは、体に微弱な電流を流し、電気抵抗(インピーダンス)を測定し、体内組織の組成を算定する方法です、通常、筋肉などの組織よりも脂肪組織の方が電気抵抗が高いので、その脂肪組織の特殊性を利用した測定法です。現在最も簡単で、普及している測定方法ではありますが、朝と夜の測定値が異なったり、測定機器の製造会社によってばらつき芽が多かったり、また、筋肉の比率が高い人は正確な測定値が出ない、などといった問題点もあるようです。筋肉の比率が高い人用として、アスリートモードがついている機器もあるようです。


ページのトップへ ▲

測定値が異ならない方法は?

安定

朝と夜の測定値が異なると、混乱してしまいますね。体脂肪計を使用する際、測定値が異ならない方法はあるのでしょうか?体脂肪計を使用する場合は、起床後、2〜3時間以上経ってから測定すると、安定した測定値が得られるとされています。また、激しい運動後や長時間のお風呂の後、大量の飲酒の後なども避けた方がいいとされています。この日は朝、この日は夜、と測定していては、いつも異なる測定値で、正しい測定値を得ることができません。朝なら朝、夜なら夜、と毎日測定する時刻を決めるのが安定した測定値を知ることができます。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

| 体脂肪-ホーム | 体脂肪とは | 多いとどうなるの? | 引き起こす病気とは? | 少ないとどうなるの? | 男性と女性の平均値は? | 体重別、年齢別の平均値 | 燃焼と心拍数の関係 | どうやって減らすの? | 食事療法で減らす! | 薬物療法で改善! | 運動(筋トレ) | 燃焼させる運動の方法 | 簡単レシピ | 燃焼させるサプリメント | 体脂肪率と内臓脂肪率を知りたい! | あなたの体脂肪率は大丈夫? | 自宅で測定 | メタボリックシンドロームと体脂肪の関係は? | 朝と夜の測定値が異なるのはなぜ? | 治療の病院選び |

Copyright (C) 燃焼!体脂肪を減らす方法 All Rights Reserved.