体脂肪が少ないとどうなるの?

燃焼!体脂肪を減らす方法

体脂肪が少ないとどうなるの?

スポンサードリンク

.

体脂肪は少ないといい?

体

体脂肪が多いと動脈硬化や心筋梗塞、糖尿病などの危険な病気になりやすくなったり、見た目にも美しくないですね。体も重く感じます。では、体脂肪は少なければ少ないほど健康な証拠なのでしょうか?体脂肪には体を正常に保つために重要な役割があります。まずは、体脂肪はエネルギーを貯蔵する役割を担っています。脂肪、糖質、たんぱく質といった栄養素の中に蓄えられるエネルギー。体脂肪には大量のエネルギーが貯蔵されます。エネルギーが不足すると体は体脂肪を燃焼することで補います。このエネルギーが少ないと健康な体を維持することができません。


ページのトップへ ▲

たんぱく質を節約する

人間の体の健康を維持し、生命の源となるたんぱく質。たんぱく質は体を構成する細胞質の主成分で、筋肉や爪、皮膚、臓器、毛髪、血液、免疫抗体、脳下垂体ホルモン、遺伝子、インシュリン、酵素など様々な部分を構成しています。そのたんぱく質が使われ、少ない状態になると、人間の体が健康を損ないます。筋肉も少なくなり、病気になりやすくなります。体脂肪はそのたんぱく質の消費を節約し、消耗させないようにしているのです。体脂肪が少ないと、生命維持に必要なたんぱく質の成分が少なくなり、病気の原因になるのです。


ページのトップへ ▲

女性にとって大切な体脂肪

ダイエット

女性にとって、生理が正常に始まり、維持していくということはとても大切なことです。正常な生理は、エストロゲンという女性ホルモンが正常に分泌され、活動することが必要になるのですが、その時に体脂肪は重要な役割を果たします。よくダイエットをし過ぎて体脂肪を少なくすると、生理が止まったという話を聞きますね。健康な生理の発現と維持のためには、体脂肪率が17%〜25%くらいの体脂肪が必要とされています。体脂肪が少ないと生理が止まり、健康を損なう原因になります。ダイエットのし過ぎはよくありません。また、体脂肪が少ないとホルモンバランスが崩れ、老化が早まるとも言われています。体脂肪が多いのはよくありませんが、少な過ぎるのもよくはないのですね。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

| 体脂肪-ホーム | 体脂肪とは | 多いとどうなるの? | 引き起こす病気とは? | 少ないとどうなるの? | 男性と女性の平均値は? | 体重別、年齢別の平均値 | 燃焼と心拍数の関係 | どうやって減らすの? | 食事療法で減らす! | 薬物療法で改善! | 運動(筋トレ) | 燃焼させる運動の方法 | 簡単レシピ | 燃焼させるサプリメント | 体脂肪率と内臓脂肪率を知りたい! | あなたの体脂肪率は大丈夫? | 自宅で測定 | メタボリックシンドロームと体脂肪の関係は? | 朝と夜の測定値が異なるのはなぜ? | 治療の病院選び |

Copyright (C) 燃焼!体脂肪を減らす方法 All Rights Reserved.